歯周病治療

本院TEL:03-6423-7665 24時間新患専用WEB予約 小児歯科サイトはこちら インプラントサイトはこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
小児サイトはこちらペリオ・インプラントサイトはこちら

原因や症状に合わせた歯周病治療

原因や症状に合わせた歯周病治療歯周病を予防するには、ご自宅での毎日の歯磨きや、歯科医院での定期的な検診でプラーク内の歯周病菌を取り除く事が重要です。
シンプルで簡単なように聞こえるかもしれませんが、歯周病を完全に予防するという事は容易な事ではなく、治療も患者様に合ったものでなければ充分に効果を得られません。
だからこそ当院は歯周病予防に注力し、定期的なメンテナンスを強く推奨すると同時に、歯周病にかかってしまった患者様へも原因と症状に合わせた歯周病治療をご提案しております。

歯周病(ペリオ)治療の詳細はこちらでも詳しく記載しています。

ペリオ・インプラント専門サイト

成人の70%が歯周病かも??

成人の80%が歯周病かも??日本では、成人の約70%もの人が歯周病になっていると言われているにも関わらず、歯周病の恐ろしさを正しく理解していない人も多く、歯茎に異常が出たり出血したりして初めて歯科医院で診てもらうという方が多いのが現状です。
初期の段階では自覚症状がほとんどないため、気づかないまま症状を進行させてしまっているのです。
もしも毎日しっかり歯を磨いているのに口臭がすると感じているのなら、それは歯周病の可能性があります。
喫煙者は特にリスクが高くなるので定期的にチェックされる事をおすすめします。

病気や妊娠にも関係している歯周病

歯周病はお口の中だけでなく、身体に様々な悪い影響を与えます。他の病気を進行させたり、妊娠にも悪影響を与えるという事が指摘されています。一例ですが、歯周病菌が体内に流れていくと心筋梗塞や動脈硬化、脳卒中といった病気のリスクを高める可能性がり、早産や低体重児といった妊娠トラブルをも引き起こしてしまう可能性があるのです。

奥歯は大切な歯です

奥歯は大切な歯です頑丈そうに思える奥歯ですが、実は奥歯は意外と寿命が短い歯だという事はご存知でしょうか。
奥歯は食べ物を噛む時に重要な役割を担っていますが、何かを噛む時、なんと自分の体重とほぼ同じだけのちからが奥歯にかかっており、それだけ強い力で物を噛んでいるのです。
そのため、奥歯を失ってしまうと噛む力が大幅に減ってしまい、それに伴い食べ物の消化や吸収が悪くなってしまいます。
そのほか、脳への刺激も少なくなり、認知症発症のリスクを高めるとも言われており、奥歯を失ってしまうデメリットは計り知れないものがあります。
大切な奥歯を早期に失わないためにも、お口のケアをしっかり行いましょう。

重度の歯周病と診断された・歯周病が重度だなと思った方

重度の歯周病とたたかうあなたへ

なかなか治らない歯周病のための外科治療

なかなか治らない歯周病のための外科治療歯周病が治らない、歯がグラグラと揺れてきている、こういったお悩みをお持ちの方、このような症状が現れている場合は重度の歯周病である可能性が高いです。
悪化すれば歯のグラつきはどんどん増していき、最終的には抜け落ちて歯を失ってしまいます。
重度の歯周病も、適切な治療をすぐに開始すればその歯を守れる場合があります。
他の歯科医院で治療を続けているかなかなか改善しない、以前治療を受けたが途中でやめてしまったといった方は、できるだけ早くご来院下さい。
当院は重度の歯周病治療を得意としておりますので、大切な歯を守るために一緒に闘いましょう。

歯周病の病態進行

歯周病の病態進行は大きく分けて2つあります。一つは口腔常在菌で起こるもので、これはしっかりとしたブラッシングと歯石除去で症状を改善していくことが出来ます。
もう一つは特定の歯周病菌の感染によって生じる歯周病で、P.g菌(Porphyromonas gingivalis)、T.d菌(Treponema denticola)、T.f菌(Tannerella fotsythia)等、特にこの3種類の混合感染は歯周病を一気に悪化させます。そうした歯周病に罹患している場合には単に歯石除去やブラッシングだけでは改善出来ず、菌を直接除菌する治療が必要になります。
ニキビ症の方がいくら顔を洗ってもニキビが消失しないのと同じで、症状によっては大学病院の歯周病科や、歯周病専門医による治療が必要となることがあります。
現在では歯周病菌の種類や数を特定し、ピンポイントで除菌出来る方法もありますのでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

重度歯周病治療の流れ

歯周病の治療は、まず必要な検査を行い、歯周病にかかってしまった原因の特定と現状の状況を詳しく把握する事から始まります。レントゲン撮影やCT、歯周精密検査などの他に、歯周病細菌検査を行い口の中にいる歯周病現細菌の種類とその数を調べます。こうした科学的な診査を基に診断をします。

Step1診査・診断

パノラマX線写真

大きいむし歯の発見、歯槽骨と顎関節の状態、顎骨の状態を把握出来ます。

14枚法、デンタルX線写真

歯各々を14枚に分けX線写真を撮影します。
細かいむし歯発見はもちろん、歯の根の状態や歯周囲の歯槽骨の状態をより細かく把握する事が出来ます。

CT写真

従来のレントゲン写真では把握出来なかった骨形態や、病態の確認を3次元的に把握可能なうえ、手術時の情報として重要となる骨の中の神経、血管の走行を手術前に把握出来ます。

歯周病精密検査

一本の歯に対して、6ヶ所の歯周ポケットの数値を測定する他、歯の動揺度(揺れ具合)や出血、排膿の有無、汚れの付着状態や歯肉の退縮の程度などもここで測定します。

歯周病原菌検査
  1. 歯周病原菌を歯周ポケットから採取
  2. 歯周病原菌のDNAを測定し、菌種類・菌数を計測し特定していきます。

→簡単な検査で、痛みもありませんし5分程度で菌の採取が完了します。
→検査結果が出るまでに約2周間ほどかかります。

上記の検査で出た結果に基づいて治療開始となります。
その際、原因除去、環境整備、機能回復の3段階に分けて治療を進める事になります。

Step2原因除去

歯周病の原因となる歯周病原菌を取り除くため、歯垢や歯石を除去します。フルマウスディスインフェクション(FMD)といって、一日で歯石除去および歯面清掃を終える事も可能です。
さらに、歯周病原菌検査で同定されている歯周病原菌に対して抗菌療法並行して行う事があります。
重症化を引き起こすような歯周病原菌保菌者には抗菌療法、フルマウスディスインフェクション(FMD)をおすすめします。

※フルマウスディスインフェクション(FMD)とは
全顎に対しての歯石除去・根面清掃などの歯周病治療を1日で行うものです。
また、歯周病原菌の再感染等のリスクを減らし、口腔全体から歯周病原菌を取り除く方法です。

こんな方にもおすすめ

中程度の歯周病に罹患されていて、歯石除去を一日で終わらせたい。
(保険診療の場合は全顎で歯石除去、歯面清掃を行うとなると最低でも6回通院しないとなりません)

Step3環境整備

原因除去の後は環境整備を行います。
歯周病により溶けてしまった骨や歯茎を再建し、歯周病原菌が再び口内にはびこらないよう口腔内の環境改善を図ります。
主に再生療法や歯周外科処置を行います。

Step4機能回復

環境整備を終えたら次に機能回復を行います。
インプラントや補綴治療、矯正治療などを施し、食事や会話を快適に出来るよう口腔機能の回復を図ります。

外科・再生治療

外科・再生治療重度の歯周病には以下のような外科治療を行います。

GBR(骨誘導再生)法

歯周病が原因で痩せ細ってしまった骨を再生させるための治療です。再生させたい部分にメンブレンという膜を入れスペースを確保します。そしてそこに自家骨もしくは骨補填材を入れ再生を促します。

エムドゲイン法

GBR法と同じく歯周病により失われてしまった歯周組織の再生治療です。歯茎を切開し、再生させたい部分にエムドゲインゲルという薬剤を注入してスペースを確保して再生を促します。メンブレンと違う点は後で取り除く必要がないという点です。

APF(歯内弁根尖側移動術)法

歯周病によって歯周ポケットの溝が深くなり、失ってしまった歯肉を維持するために行う手術です。単に歯肉を切り取り歯周ポケットを浅くするだけでは、必要となる硬い歯肉部分(角化歯肉)が失われてしまいます。そこでAPF法を用いて角化歯肉を維持、増加を促します。

FGG(遊離歯肉移植法)法

歯の周りに角化歯肉(硬い歯肉)がないと柔らかい歯肉の部分がブラッシングなどで傷つきやすくなってしまい、逆に歯肉が痩せて歯周病が進行しやすくなってしまう可能性があるので、それを防ぐために上顎の口蓋(こうがい)から角化歯肉を切り取り必要な部分に移植する手術です。

CTG(結合組織移植術)法

歯肉が痩せて細くなってしまった場合に上顎の口蓋から結合組織を切り取って移植する手術で、歯根面を覆う歯肉の厚みを増加させます。

歯科外科治療へのこだわり 歯科用CTの導入

歯科用CTの導入当院では、歯周病治療を含む様々な治療で、最新の歯科用CTを導入して高精度な診断を行っております。
歯科用CTを用いることで、従来では把握出来なかった三次元情報を得ることができ、より詳細な治療計画を立てる事に役立ちます。
医科用のものと比べ放射線量も10分の1と微量で安全です。当院では歯科用CTを用いた診断にこだわり、より安全でより確実な治療をご提供致します。

歯周病治療における歯科用CTの効果

歯周病治療では、まずはじめに顎の骨のがどのような状態なのかを詳しく把握する事が必要不可欠です。CT画像では歯を支える顎の骨や歯の周辺状態を立体画像によって、より正しく把握する事が可能なため、患者様に合わせた最良の治療計画を立案するのに大変有用です。

医療法人社団 翼友会 羽田エイル歯科・矯正歯科

住所〒144-0033
東京都大田区東糀谷3-6-11
TEL03-6423-7665
10:00〜13:30
15:00〜20:00

 …15:00~18:00 ※休診日:祝日

京浜急行電鉄空港線 「大鳥居」駅より徒歩3分

MAP

スタッフの予定表はこちらグーグルマップはこちら