矯正歯科

本院TEL:03-6423-7665 24時間新患専用WEB予約 小児歯科サイトはこちら インプラントサイトはこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
小児サイトはこちらペリオ・インプラントサイトはこちら

矯正治療できれいな歯並びと咬み合わせを

矯正治療できれいな歯並びと咬み合わせを矯正治療は綺麗な歯並びにするために行うものとお思いの方が多いですが、実際には適切な噛みあわせを得るためのものという意味合いが大きいです。
一見すると問題なさそうに見える歯並びでも、実は噛みあわせがよくないといったケースは意外とあります。
噛みあわせが悪いと消化不良の原因になったり、顎関節への負担から顎関節症を招くこともあります。
見た目で判断せずに、歯科検診でしっかり噛みあわせを診てもらうことが大切です。
当院では、大人から子供まで、年齢や症例、患者様のご希望に合わせた治療法で矯正治療を行います。従来型の装置以外にも目立たないものや取外し可能なタイプのものもご用意しております。

噛み合わせ・歯並びのデメリットと矯正によるメリット

悪い噛みあわせ、歯並びによるデメリット
  • 食べかすがつきやすく、歯磨きもしにくいため、磨き残しからむし歯や歯周病になりやすい。
  • 上下の顎のバランスが悪いままだと、発育や顔の成長に悪い影響を与える
  • 発音がしづらくなることがある
  • 顎関節症や不定愁訴の原因になることがある
  • しっかり物を噛む事が出来ず、消化不良などの原因になる
  • コンプレックスになってしまったり、後ろ向きなメンタリティになってしまう
矯正治療後のメリット

矯正治療後のメリット

  • 歯磨きがしやすくなることで磨き残しが減り、むし歯や歯周病になる可能性を下げられる・上下の顎のバランスが整いただしく成長できる
  • 食べ物を噛みやすくなることで消化の助けにもなる
  • はっきりと正しい発音ができる
  • 左右対称の正しい噛みあわせになることで全身の筋肉を正しく使いバランスが整う
  • 表情に自信が生まれ、精神的な面でも健全さを得られる

目立ちにくいマウスピース矯正~インビザライン~

インビザラインで目立たないマウスピース矯正を

インビザライン歯列矯正のデメリットとして、ワイヤー矯正の器具が目立ってしまうということがあります。ワイヤーそのものや、留め具となるブラケットが目立つので治療を躊躇しているという方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方にお勧めなのが、目立たないマウスピース矯正システムの「インビザライン」。インビザラインは世界で最も普及しているマウスピース矯正です。
毎日決まった時間にマウスピースをつけ、定期的に毎スピースを交換する事で目標とする歯並びへ誘導します。
透明で目立たないので日中でも気にする事なく使えますし、簡単に取り外す事が出来るので食事の際も問題ありません。

当院でのマウスピース矯正は「インビザライン」です。ご承知おきの通りです。
しかし当院では、臼歯部のアンカーロス(予期せぬ動き)や、アンフィット(マウスピースの適合不良)、咬合離開等を防ぐために、顎間ゴムの併用、セクショナルアーチの併用(目立たない部分的なワイヤー)、矯正用インプラントスクリューアンカー(TAD)等を併用することがあります。

目立ちにくいワイヤー矯正

セラミック マルチブラケット

セラミックで出来た矯正装置で、半透明もしくは白色なのでほとんど目立つことがありません。
金属製のものと同じように、歯に装着して真ん中の溝にワイヤーを通す矯正装置です。
当院の成人矯正では、ワイヤーも白いものを使用しますので目立ちません。
治療期間も金属製のブラケットを使用した時と変わりません。

メリット
  • 矯正装置が歯と同じ白色なため目立ちにくい
  • 治療期間も金属製の装置使用時と変わらない
デメリット
  • 舌側矯正と比べると目立つ

当院の頬側矯正(表側の矯正では)

当院の頬側矯正(表側の矯正では)バイオデント社からの COBY(ジルコニアブラケット)、エンパワー(セルフライゲーションブラケット)、フォレストワン社のルーチェ(サファイヤ:透明)ブラケットを用いています。
この装置を第二小臼歯までつけるので、全て審美的に行なっています。
メタルブラケットは大臼歯のみです。

エンパワーブラケット

違和感が少なく治療期間も短縮できる矯正装置です。
非金属のため金属アレルギーの方も安心です。
また、ボールフックと丸みのあるブラケットのため口腔内の違和感を軽減でき、天然の歯に近い白さのブラケットのため目立たないで矯正ができるブラケットを使用しています。

裏側矯正(舌側矯正)~リンガル矯正~

当院での歯の裏側にブラケットを装着して行う裏側矯正(舌側矯正)でもセルフライゲーションブラケットを用いておこなうハーモニーというシステムを採用しています。

歯の裏側に装置をつけて矯正をする裏側矯正(舌側矯正)は、表側(正面)から装置が見えないため、審美性に優れています。
また、様々な症例にも対応ができるため成人の方の場合は仕事やプライベートでも気づかれづらく矯正をすることが可能です。

セルフライゲーションブラケット

デジタルスキャンとCAD/CAMの技術により高い精度で歯型状にフィットしたブラケットが製作できます。
ワイヤーがブラケット内で回転するため口腔衛生管理面でも改善が期待できます。
また、結紮することなく効率的に矯正力をかけ続けることが可能です。
精密なブラケットとデジタルで制御されたワイヤーにより正確な矯正ができ、患者様ごとに設計されたブラケットのため理想的な位置に配置されます。

部分矯正

局所的な矯正治療を

矯正治療を短期間、低価格で手軽に歯並びや見た目を綺麗にしたいけど、治療費や期間の兼ね合いで矯正治療に踏み込めないとお悩みの方であっても安心して治療出来るよう、前歯などの部分的な矯正治療も可能です。
費用をなるべく抑えたい、気になるところだけを整えたい、歯を削りたくはないといった様々なご要望にお応え出来ます。
※歯並びや口腔内の状態によっては適応出来ない場合もありますので、まずはお気軽にご相談下さい。

抜歯・非抜歯について

なぜ抜歯する必要があるのか

そもそも歯並びが悪いのは、大きな要因の一つとして歯の大きさと歯が並ぶ歯槽骨の大きさのバランスが合っていないということが挙げられます。
歯列が著しく狭い場合は幅を広げる処置はしますが、歯槽骨の大きさは固有のものなので広げようにも限界があります。
特に下顎の犬歯を広げて並べることは避けるべきで、上顎歯列の幅も下顎の歯列に調和されるべきだと言われています。
歯槽骨の大きさを無視して歯列を広げてしまうと、将来的には歯肉が下がりやすくなり、結果的に歯周病が進行しやすくなり、また歯並び自体が元に戻り安定しないなどの現象も起こる可能性が出てきます。

抜歯・非抜歯はあくまで治療の手段ということ

歯を抜くか抜かないかは矯正治療における手段の一つであり、それが目的ではありません。治療するうえで、歯をどのように移動させ、どういった噛みあわせを作るのかという目標を予め決めたうえで、どんな装置を使うのか、歯を並べるスペースをどうやって確保するか(抜歯する必要があるのか否か)ということを決める事が出来るのです。

医療法人社団 翼友会 羽田エイル歯科・矯正歯科

住所〒144-0033
東京都大田区東糀谷3-6-11
TEL03-6423-7665
10:00〜13:30
15:00〜20:00

 …15:00~18:00 ※休診日:祝日

京浜急行電鉄空港線 「大鳥居」駅より徒歩3分

MAP

スタッフの予定表はこちらグーグルマップはこちら