入れ歯

本院TEL:03-6423-7665 24時間新患専用WEB予約 小児歯科サイトはこちら インプラントサイトはこちら
一番上に戻る
一番上に戻る
小児サイトはこちらペリオ・インプラントサイトはこちら

入れ歯が合わない

入れ歯で笑うために

入れ歯で笑うために入れ歯痛い、多少の不具合はしょうがないもの、そう思っていませんか?痛い、ずれやすい、外れる、噛みにくいなどの不具合は、お口に合っていないなど明確な原因があるものです。
お口の状態にきちんと合わせてつくられた入れ歯はそれほど不具合が生じることはありません。入れ歯を今お使いの方で何かしらの不満がある方はもちろんのこと、これから新しく作ろうとされている方はお気軽にご相談下さい。
自分に合った入れ歯を作り、会話や食事を笑顔で楽しみましょう。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
  • インプラントのような外科手術が不要
  • 治療費が比較的安価である
  • 治療期間が短くて済む
  • 自費診療なら素材や形式を選ぶ事が出来る
デメリット
  • 見た目や使い心地を追求すると自費診療で費用が高額になる
  • インプラント等と比較すると食べ物が噛みにくい場合がある
  • メンテナンスが必要

近年ではインプラント治療が人気ですが、入れ歯にもメリットがあります。当院では、患者様のご希望をしっかりと伺ったうえで最適な入れ歯をご提供致しますのでお気軽にご連絡下さい。

自費と保険での入れ歯の違い

保険適用と自費診療になるものとがありますので2つを比較してみましょう。

  • 自費の入れ歯

    素材

    金属や生体シリコンなど様々な素材を選択可能

    様式

    バネのないものなど豊富な選択肢がある

    使い心地

    床が薄く熱伝導率の高い素材が選べるので装着感も良く食事の満足感も高くなる

    審美性

    ひっかけるバネのない部分入れ歯など、自然な見た目になる

  • 保険の入れ歯

    素材

    床は歯科用プラスチックのみ

    様式

    保険適用内のもののみで選択不可

    使い心地

    床に厚みがあり、素材が選べないことで装着感や食事の際の満足度も劣ります。

    審美性

    見た目の美しさを追求する事は困難です

様々な入れ歯

レジン床義歯

床部分がレジンで作られた保険適用の入れ歯です。
保険適用のため費用が安く、製作期間も短いうえ修理も簡単といたメリットがあります。素材や様式は限られているので、使い心地や見た目を追求することは出来ません。

金属床義歯

金属床義歯床部分が金属で出来た入れ歯です。金属のため上部で、床を薄く作れるため装着感に優れ、熱伝導率も高いため食事をよりおいしく楽しめます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー従来のクラスプ(金属のバネ)がない部分入れ歯です。自然なピンク色の歯茎で目立ちにくく、フィット感も優れています。

インプラントオーバーデンチャー

少ない本数のインプラントを埋め込み、そこにアタッチメントを取り付け固定するタイプの総入れ歯です。ずれやもたつきといった煩わしさから解放され物をしっかりと噛めるようになります。また、取り外しも可能でメンテナンスのしやすさも特徴です。

インプラント支持型部分義歯

インプラントを用いて固定する入れ歯は総入れ歯が一般的ですが、部分入れ歯においても同じ事が応用出来ます。前歯から数えて4~7番の欠損などの場合には、6番にインプラントを埋入することで入れ歯を装着できるのです。ブリッジや、バネを使うタイプの部分入れ歯と違い他の健康な自分の歯を傷つけたりする事がないのが最大のメリットです。

医療法人社団 翼友会 羽田エイル歯科・矯正歯科

住所〒144-0033
東京都大田区東糀谷3-6-11
TEL03-6423-7665
10:00〜13:30
15:00〜20:00

 …15:00~18:00 ※休診日:祝日

京浜急行電鉄空港線 「大鳥居」駅より徒歩3分

MAP

スタッフの予定表はこちらグーグルマップはこちら